塚田農場トップインフォメーション

INFORMATION お知らせ

宮崎県⽇南市 塚⽥農場 “縁起物に福纏う”冬のおすすめ 1⽉25⽇(⽔)より提供開始 【地鶏×⽣姜】をトリ込んで寒い冬に⾝体の中から暖かく

2017.01.18

■ 縁起物に福纏う季節のおすすめ「地鶏のしょうが焼き」(1,360円税別)

 特製のタレに地鶏を⼀晩漬け込んでふっくらジューシーに仕上げました。⽣姜の豊かな⾵味が爽快に⾹り、地鶏の脂と相性が抜群です。添えてあるマヨネーズと紅⽣姜をお好みでつけると、それはもうめくるめくジャンクの世界への⼊り⼝で、お酒も地鶏の⽣姜焼きも、もう箸が⽌まりません。お酒のつまみとしても、お⾷事のおかずとしてもお楽しみいただけます。
 地鶏とともに炭⽕で焼き上げているのは、宮崎県宮崎市の⽣姜農家(株)やすたけの福⽥安剛⽒が⽣産する⽣姜ブランド「福⽣姜」をたっぷり使⽤しています。

■ 体の中から暖かく塚⽥の⽣姜酒「ジンジャーホット」(480円税別)

地鶏のしょうが焼き同様、(株)やすたけの「福⽣姜」をたっぷり使⽤したホットでいただくお酒です。⽣姜の⾹りとほのかな⽢みがあり、お帰りの頃には体の中からポカポカに。
・福⽥安剛⽒の株式会社やすたけが作る「福⽣姜」
 宮崎県宮崎市佐⼟原町で⽣姜、トマト、ピーマン、⽇向夏などを栽培している⽣産者です。株式会社やすたけの⽣産する「福⽣姜」は、砂地栽培で、更に栄養分をよく吸収するため⼟づくりに⾺糞を混ぜ、肥沃な⼟壌環境を整えています。
そのため、⽣姜の独特な⾟味の中にほのかなマイルドさがあり、加熱しても⾹りが⽴つ地鶏の⽣姜焼きにぴったりの⽣姜です。

宮崎県⽇南市 塚⽥農場冬のおすすめメニュー一覧はこちら >>

宮崎県⽇南市 塚⽥農場“1%の縁起物”を味わい尽くす 塚⽥農場謹製“地頭鶏シュウマイ”1⽉25⽇(⽔)より提供開始 縁起物を美味しく取り込んで体の中から開運を!

2017.01.18

■ 宮崎県⽇南市 塚⽥農場各店謹製「地頭鶏(じとっこ)シュウマイ」(4個⼊り480円税別)

 卓上に運ばれた蒸し⽴てのせいろの蓋を開ければ、ふわっと⽴ち上る熱々の湯気とせいろの⾹り。じんわりと汗をかきながら⼀⼝含むと、ふっくらとした⾷感と同時に⾁汁があふれ出します。お店で⼀つ⼀つ⼿作りしている「地頭鶏シュウマイ」は、地鶏の中でも脂を含む⽪やモモを使⽤しているため、溶け出す脂に地鶏の旨味が詰まっています。
⼀つ⽬は是⾮何もつけずにそのままで。福⽣姜やニラの⾵味も合わせてダイレクトにお楽しみください。
・地鶏のあらゆる部位をいろんな⾷べ⽅で楽しめるのは、⾃社で⽣産・加⼯を⾏う塚⽥農場だからこそ
モモやムネだけでなく地鶏のあらゆる部位を余すことなく楽しめ、また炭⽕焼きだけでなく地鶏の料理を楽しめるのは、塚⽥農場ならでは。
塚⽥農場では、宮崎県、⿅児島県及び北海道にてそれぞれ“みやざき地頭鶏”、“⿊さつま鶏”、“新得地鶏”を⾃社養鶏場及び契約農家にて⽣産を⾏い、⽇南市、⻄都市(宮崎県)、霧島市(⿅児島県)、新得町(北海道)にて⾃社加⼯センターを所有し地鶏の⽣産加⼯、販売を⼀気通貫して⾏なっています。⾃社で⽣産加⼯から携わることで主要部位だけでなく、地鶏の希少部位やガラなどあらゆる部位を使⽤した料理を提供することができます。

宮崎県⽇南市 塚⽥農場冬のおすすめメニュー一覧はこちら >>

宮崎県⽇南市 塚⽥農場 氷の上をいちごが舞うスイーツ 1⽉25⽇(⽔)より提供開始 宴の〆に仲間と分け合う本格スイーツ

2017.01.18

氷の⽯⽫の上にいちご舞う
「いちごとチーズケーキのストーンあいす」(680円税別)

 冷たく凍らせた⽯⽫の中であまおう⼊りのいちごアイスとチーズケーキを混ぜ合わせ、凍らせたいちごのスライスと、たっぷりの練乳を⼊れたらいちごの本格スイーツのできあがり。
卓上で混ぜ合わせ、完成される本品を、宴の〆に仲間と分け合いながらお楽しみください。

宮崎県⽇南市 塚⽥農場冬のおすすめメニュー一覧はこちら >>

地鶏や九州・⿅児島の旬を味わう ⿊さつま鶏の幻の部位”ふりそで”を使⽤した「ふりそでねぎま」など ⿅児島県霧島市塚⽥農場2⽉の旬のオススメ1⽉19⽇(⽊)提供開始 ⾸都圏で味わう⿅児島”味”紀⾏

2017.01.16

■ 1⽻からわずか⽚⼿ほどの幻の部位「ふりそでねぎま」(480円税別)
 ”ふりそで”は鶏の肩⾁にある部位で、⼿⽻元と胸の中間に位置します。程よい脂とあふれだす⾁汁が特徴です。本品では1⽻からわずか60グラムほどしかとれない貴重部位を1.5⽻分以上贅沢に使⽤しているため、⿊さつま鶏の希少部位を思う存分ご堪能いただけます。

■ 桜島⼤根の「ぶり⼤根」(680円税別)
 ⿅児島県の北⻄部に位置する⻑島町周辺のブリは、潮の流れが速い海域で育てられ脂のりが 良いのが特徴です。
 また、桜島⼤根は煮崩れしにくいことが特徴で、よく煮込んで味の染み込むぶり⼤根にぴったりです。桜島の⽔はけの良い⽕⼭灰⼟壌で育てられた桜島⼤根は、⼤きいことはもちろんのこと、繊維のキメの細かさも特徴です。
味に染み込んだぶり⼤根はお酒のおつまみとしてお楽しみ下さい。

■ 過酷環境が⽩菜を⽢くする「霜降り⽩菜⽣搾り柚⼦さらだ」(530円税別)
 1⽉〜2⽉が旬の”霜降り⽩菜”は味わいを重視し品種改良された⽩菜です。霜を当て、凍らないように葉がでんぷんをブドウ糖に変えて凍らないようすることで、強い⽢みが引き出されます。特に中⼼部がジューシーで糖度はフルーツトマトほどになります。柚⼦をしぼって⽢みと⻭ごたえをお楽しみ下さい。

■ 温と冷、⽢みとしょっぱさのマトリックス「焼き安納芋アイス」(380円税別)
 サツマイモの王様である種⼦島の安納芋は、ねっとりとした⾷感と濃厚な⽢みが特徴です。ほのかな塩っぽさを感じる醤油アイスと⼀緒にお召し上がりいただき、暖かい安納芋と、冷たい醤油アイスで味覚と触覚のバランスをお楽しみ下さい。

<⿅児島県霧島市 塚⽥農場旬のおすすめ提供概要>
該当店舗:⿅児島県霧島市 塚⽥農場(全42店舗)
提供期間:2017年1⽉19⽇〜2⽉下旬(予定)
該当URL:http://www.tsukadanojo.jp/rm/?brand=kagoshima

潮の流れのきつさが育てた強い甘みと濃厚なコク!! 釧路「仙鳳趾(せんぽうし)の焼き牡蠣」」など”北海道季節のおすすめ” 2017 年 1 月 18 日(水)より「北海道シントク町『塚田農場』」にて期間限定発売のお知らせ

2017.01.16
仙鳳趾(せんぽうし)の焼き牡蠣 ¥430(税別・1 個)

▲仙鳳趾(せんぽうし)の焼き牡蠣 ¥430(税別・1 個)

■ 潮の流れのきつさが、濃厚でクリーミーな牡蠣を作る
 この度、「北海道シントク町『塚田農場』」にて提供を開始する釧路「仙鳳趾の焼き牡蠣」は、北海道釧路町の東側・厚岸湾の端に位置する仙鳳趾(せんぽうし)で 3 代続く漁師一家の菊池栄一氏と家族が育てた牡蠣になります。潮の流れが少しきつい仙鳳趾で育った牡蠣は、殻に対して身が大粒で、強い甘みと濃厚でコクのある味わいが特徴です。生でも十分美味しい仙鳳趾の牡蠣をあえて焼くことで、旨みを閉じ込め、より濃厚な牡蠣を味わうことができます。また、「仙鳳趾の焼き牡蠣」と同じ北海道の酒蔵「二世古酒造」の特別純米無濾過生原種「二世古」の冷酒とマッチングすることで、北海道の海と大地の恵みを口一杯で愉しめるメニューとなっております。

■ 北海道ならではの食材を活かした季節限定メニュー
「北海道シントク町『塚田農場』」は、北海道シントク町で自社養鶏場を構え「シントク地鶏」を提供しております。また、北海道ならではの食材を活かした「仙鳳趾の焼き牡蠣」や釧路産北釧鯖を使用した「炙り〆鯖」、「炙り〆鯖の棒寿司」などの海産物に加え、北海道の冬の名物でもある「雪」を使用することで甘みが増した「雪の下キャベツ」をアンチョビバターソースで味わう「雪の下 キャベツのステーキ」など、その季節毎に北海道を旅しないと食べることが出来ない料理を季節限定メニューとしてご提供しております。

-北海道シントク町『塚田農場』「北海道のおすすめ」メニュー提供詳細-
提供期間            :2017 年 1 月 18 日(水)~2017 年 4 月 4 日(火)
提供店舗            :北海道シントク町『塚田農場』
北海道”季節”のおすすめ詳細 URL :http://www.tsukadanojo.jp/rm/?brand=hokkaido

※「仙鳳趾の焼き牡蠣」の取り扱いは下記3店舗では実施しておりません。
(取り扱いを行っていない店舗)
北海道シントク町 塚田農場 阪急32番街店
北海道シントク町 塚田農場 梅田茶屋町店
北海道シントク町 塚田農場 札幌南三条店

冬の北海道の不便さを活かした”この時期”しか味わえない北海道の冬野菜 「雪の下 キャベツのステーキ」など”北海道季節のおすすめ” 2017 年 1 月 18 日(水)より「北海道シントク町『塚田農場』」にて期間限定発売のお知らせ

2017.01.16

■ “巻き”が多く、ボリューム感&食べごたえのある「雪の下キャベツ」
この度、「北海道シントク町『塚田農場』」にて提供を開始する「雪の下 キャベツのステーキ」および、「雪の下キャベツの浅漬け」は、北海道北斗市の高坂農園にて栽培された「雪の下キャベツ」を使用しております。
 年末から年始にかけて収穫したキャベツを、雪に覆われた大地に並べ、並べられたキャベツに雪が積もることで、キャベツのたんぱく質がアミノ酸に変わり、その変化の際に糖度が増すことで「雪の下キャベツ」が出来上がります。また、この時期スーパー等で並ぶキャベツに比べ、”巻き”が多い分重みがあり、食べごたえを愉しめるキャベツでもあります。自然環境が厳しい冬の北海道の不便さを活かしたこの時期しか味わえない北海道の冬野菜をご堪能頂ければと考えております。

■ アンチョビバターソースで味わう「キャベツステーキ」。シンプルに味わう「浅漬け」
この度提供を開始する「雪の下キャベツのステーキ」は、雪の中で”甘み”と”旨味”を蓄えた「雪の下キャベツ」をじっくりとオーブンで熱を加えることで、キャベツの甘みを最大化します。更に、アンチョビの塩気とバターのコク、旨味、風味が混ざり合った「アンチョビバターソース」を絡めることで、食べごたえがあり、芯まで甘いヘルシーステーキをご堪能頂けます。また、「雪の下キャベツ」をシンプルに味わえる「浅漬け」も併せてご用意致します。
 北海道ならではの『冬のごちそう』を、「北海道シントク町『塚田農場』」にてご賞味ください。

-北海道シントク町『塚田農場』「北海道のおすすめ」メニュー提供詳細-
提供期間            :2017 年 1 月 18 日(水)~2017 年 4 月 4 日(火)
提供店舗            :北海道シントク町『塚田農場』
北海道”季節”のおすすめ詳細 URL :http://www.tsukadanojo.jp/rm/?brand=hokkaido

限定3000本の超希少!地鶏に合う⽇本酒 醸し⼈九平次の「Outlier」を2017年⾣年元旦より塚⽥農場で発売 九平次最後のPB商品を塚⽥農場で堪能する”塚⽥の祝い酒”。

2017.01.04

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表 :⽶⼭久)が運営する、「塚⽥農場」は⾃社養鶏場を有する宮崎県⽇南市、⿅児島県霧島市及び北海道新得町を冠に持ち、それぞれで育てた「みやざき地頭鶏」、「⿊さつま鶏」、「新得地鶏」という”地鶏”とその⼟地ならではの⾷材を⽤いた料理や、お酒を提供しています。
この度2017年の元旦より、地鶏に合う⽇本酒として株式会社萬乗醸造が醸した限定3000本の⽇本酒「Outlier」を宮崎県⽇南市、⿅児島県霧島市、及び北海道新得町塚⽥農場(計:151店舗)にて発売いたします。

■ 九平次最後のPB商品「Outlier」(超限定3000本)×1%の貴重な地鶏=ありきたりじゃない縁起物「塚⽥の祝い酒」

・Outlier→出る杭も突き抜け続ければ打たれない
元パリコレモデルの異⾊の経歴を持つ萬乗醸造代表の久野九平治⽒が醸す⽇本酒”醸し⼈九平次”は、ワイングラスで飲むことを勧め、五感を刺激する、エレガントな⽇本酒です。中でも「Outlier」は、酸を際⽴たせたのが特徴で地鶏の脂との相性が良いです。
塚⽥農場各店の看板商品である炭⽕焼を⼀⼝噛むとじんわりと溶け出す脂をすっきりとさらってくれるのが特徴です。
萬乗醸造では、今後企業とのタイアップで商品を作るPB商品に取り組むのを辞め、⾃社の⽇本酒造りに注⼒をしてく⽅針で、最後のタイアップに塚⽥農場を選んでいただきました。
⼀升瓶を約3000本製造し、その全ては塚⽥農場での2017年の元旦より順次発売開始いたします。地鶏の炭⽕焼と共に、ワイングラスを傾けながら⾹りや味わいを是⾮お楽しみください。
「Outlier」は和訳すると”異常値”と直訳されます。⽇本酒では雑味とされている”酸”を際⽴たせた事で、⼀つのアイデンティティとさせた久野⽒の考えと、お客様の期待を超え続けて⾏きたいと考える当社の企業精神”ありきたりじゃつまらない”と掛け合わせ、2017年に10周年を迎える塚⽥農場を記念して名付けられました。

・”1%”の貴重な地鶏=縁起物
地鶏は⾷⽤鶏の国内⽣産のうち”1%”にあたる⽣産量で貴重です。2017年の⾣年を塚⽥農場では”1%”の貴重な地鶏を取り(トリ)こんで体の中から験担ぎを提案し「塚⽥の祝い酒」として、地鶏の炭⽕焼とOutlierの⾷べ合わせを提供いたします。

<塚⽥の祝い酒実施概要>

該当店舗:

宮崎県⽇南市塚⽥農場(95店)
⿅児島県霧島市塚⽥農場(42店)
北海道シントク町塚⽥農場(13店)

開始⽇:

2017年元旦より順次

URL:

https://reservation.tsukadanojo.jp/shop/
( ※詳細は各店舗にお問い合わせください )

価格(税抜):

グラス(120ml)650円
徳利(180ml) 900円
⼤徳利(300ml)1,500円

<Outlier商品概要>

製造者:

株式会社萬乗醸造
愛知県名古屋市緑区⼤⾼町⻄⾨⽥41

代表者:

久野九平治

URL:

http://kuheiji.co.jp/

⽇本酒
原材料:

⽶(国産)、⽶麹(国産⽶)
⼭⽥錦100%使⽤

アルコール分:

16度

謹んで新年のお慶びを申し上げます

2017.01.01

2007年8月に東京都八王子に誕生した
自社養鶏場で育てる地鶏を提供する居酒屋「塚田農場」は、酉年である今年、10年の節目を迎えます。

旧年は、地鶏事業はもちろん、新業態への挑戦、ウェディング参入・外販事業など
チャネルの拡大、着実な海外展開など、駆け抜けてまいりました。

企業理念である「食のあるべき姿を追求」し続け、
2017年も皆さまとの繋がりを大切にしながら、邁進する所存です。
今年も皆様のご指導ご鞭撻を賜るとともに益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

地鶏:204店舗(LC52店舗) 魚:23店舗 ホルモン:9店舗 やきとり:9店舗 鴨:1店舗
海外:12店舗(シンガポール8店舗、アメリカ2店舗、中国2店舗)/ 小売店:2店舗 合計:260店舗
2017年1月1日現在

年末年始の営業のお知らせ

2016.12.26

エー・ピーカンパニー直営店の年末年始営業について、下記の通りお知らせいたします。

▼ 2017年1月1日元旦営業店舗

鹿児島県霧島市 塚田農場 天文館店 18:00~23:00
鹿児島県霧島市 塚田農場 霧島国分本店 18:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 柏店 15:00~22:00
塚田農場 イオンモール幕張新都心店 11:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 成田店 16:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 東武浅草駅前店 16:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 秋葉原中央通り店 16:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 渋谷本店 16:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 町田店 16:00~25:00
鹿児島県霧島市 塚田農場 水道橋西口店 16:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 高崎店 17:00~24:00
宮崎県日向市 塚田農場 小山西口店 17:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 福島駅前通り店 12:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 郡山駅前店 17:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 仙台青葉通り店 16:00~23:00
宮崎県日南市 塚田農場 伊勢崎店 17:00~24:00
宮崎県日南市 塚田農場 仙台名掛丁店 17:00~24:00

その他日程及び店舗につきましては、各店舗に直接お問い合わせください。
※予告なく変更の可能性があります。詳しくは各店舗にお問い合わせくださいませ。

⿅児島県霧島市 塚⽥農場11⽉1⽇(⽕)グランドメニュー改定 たった“1%”の貴重な地鶏を⾷べ尽くす ⿅児島第3の⿊“⿊さつま鶏”専⾨の塚⽥農場

2016.11.01

■ “地鶏=1%”貴重な地鶏を贅沢に堪能

 国内の鶏⾁⾷の中で地鶏はわずか1%。その規格はJASにより策定され、現在は在来固有種の⾎筋が50%以上、28⽇齢以降平⽶10⽻以下で平飼いされ、75⽇以上育てられたものを指します。
 その中でも、「⿅児島県霧島市 塚⽥農場」にて提供している⿊さつま鶏は、“⿅児島第3の⿊”と称され、⿅児島県の畜産試験場が「⿊」にこだわり、6年もの年⽉をかけて開発された⿅児島県の地鶏で、国の天然記念物である薩摩鶏をルーツに、在来固有種の⾎筋100%、平⽶5⽻以下でのびのびと育てられています。⿅児島県霧島市にある⾃社養鶏場「塚⽥農場」及び契約養鶏農家では、この⿊さつま鶏をオス120⽇、メス150⽇で飼育し、旨み成分を⽣成するため餌の改良を⾏い、⽣産と販売、マーケティングを⼀気通貫して⾏なっています。
今回のグランドメニュー改定を通して、⿊さつま鶏の様々な⾷べ⽅を提案しており、わずか“1%”の貴重な地鶏を贅沢にご堪能いただけます。

■ 九州⿅児島の⾵⼟や⾷⽂化を味わう

⾸都圏や郊外など、全国の⿅児島県霧島市塚⽥農場で気軽に⿅児島の⾵⼟や⾷⽂化を楽しんでいただけるよう、使⽤する⾷材も⿅児島県産にこだわり提供しています。⿅児島県を代表する“かごしま⿊豚”を使⽤した“メンチカツ”や“葱しゃぶしゃぶ”、与論島で⽣産される“じねん塩”を作る過程で抽出されるにがり、“じねんのにがり”を使ってお店で⼿作りした⾖腐を味わう“⾃家製あおさ⾖腐”など⿅児島の海や⾵を店舗で感じていただけます。

■ ⿊さつま鶏専⾨の⿅児島県霧島市 塚⽥農場は、⽣販直結のエー・ピーカンパニーだからこそ

⿅児島の旬や、その⼟地ならではの⾷材をを⾸都圏で時を同じくして⾷べられるのは、エー・ピーカンパニーが産地や⽣産者と直結し⾷材を仕⼊れ、また⾃社で養鶏、加⼯を⾏い⼀次、⼆次産業に従事しているからであり、今後も“⿅児島県霧島市 塚⽥農場”では、⿊さつま鶏を始めとした九州・⿅児島の旬や、ならではの⾷材を使⽤し、“⿊さつま鶏専⾨“の塚⽥農場を提案してまいります。

2017.
01