塚田農場トップインフォメーション

INFORMATION お知らせ

「正・忘年会」「裏・忘年会」あなたはどっち?平成最後の冬、笑って楽しめる忘年会コースを塚田農場がご提案!ご予約は本日から、ご提供は2018年12月1日から開始

2018.11.08

「正・忘年会」「裏・忘年会」イメージ

「裏・忘年会」イメージ

昨年の忘新年会実態調査(※)によると、2015年から”プライベートな相手との忘新年会は参加機会、積極参加意向とも減少傾向”で”参加予定の忘新年会は「会社・仕事関係」が最も多く”、会社全体で行う大規模なものから、部署単位などで小規模に行う傾向に移行している、という見解でした。

当社では、日々届く現場の声から、本年も同様の動きとなることを予測し、塚田農場で行われる忘新年会が一層お客様にご満足いただけるものとなるよう、「正・忘年会」「裏・忘年会」という概念を考案いたしました。

※2017年12月8日発表
株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパーグルメ外食総研/忘年会・新年会実態調査

うまい!満足!正統派のあなたに「正・忘年会」

<塚田農場いいとこ鶏コース>全12品 飲み放題2時間つき 5,000円(税込)
メイン料理:「つまみしゃぶ」か「炊餃子」

塚田農場いいとこ鶏コース

<国産牛もつ鍋コース>
全11品 飲み放題2時間つき 5,000円(税込)

<旨辛豚キムチ鍋コース>
全11品 飲み放題2時間つき 4,500円(税込)

<売切御免!霜降り和牛のしゃぶすきコース>
全11品 飲み放題2時間つき 5,500円(税込)

<骨付き地鶏の炭火焼と霜降り和牛のしゃぶすきコース>
全12品 飲み放題2時間つき 6,000円(税込)

「正・忘年会」は、幹事を務めるお客様が上司に褒めてもらえる、仲間から一目置かれる、絶対に外さない正統派の忘年会として、コースの内容を組み立てております。
(「正・忘年会」に該当のコース概要は2018年11月1日に発表いたしました。)

「正・忘年会」イメージ

ありきたりじゃつまらない!?個性派のあなたに「裏・忘年会」

正統派の忘年会に対し、裏・忘年会は友人などの気のおけない仲間と大いに盛り上がっていただくために、塚田農場が少しだけ仕掛けをご用意した、“美味しくて満足できるのは絶対条件だけど、ありきたりじゃつまらない!”という方のための、工夫を凝らしたコースです。

<~辛党必食!旨辛鍋で汗だくデトックス~激辛ファイヤーコース>
激辛しびれ豚キムチ鍋(辛ゴンボール付)
 全11品 5,000 円(税込)

辛ゴンボールは塚田農場特製の、辛味追加アイテムです。球形の唐辛子”四川ホール”とキムチの三種の辛味が相まった、辛くてうまい鍋物です。

追加の辛ゴンボール:1個 100円(税別) 追加の四川ホール:10g 100円(税別)

塚田農場「裏忘年会」辛ゴンボールイメージ

<~ルーレットで具材を選択?!~ 塚田的ルーレットコース>
地鶏つくね鍋+ルーレット食材
  全12品 4,500 円(税込)

中に入る素材の1つがルーレットで決まる!?
ルーレット食材:牛もつ・明太子・もちもち水餃子・ニラにんにく・キャベツ・もやし

またこのコースのお通しは、以下の2種からご選択いただきます。
季節野菜のざる盛り2種 秘伝の肉味噌で / テキーラ

塚田農場の「裏・忘年会」は「裏・忘年会」鍋の素材をルーレットで?!お通しがテキーラに?!

裏・忘年会実施概要
■実施期間:12月1日(土)~12月31日(月)
■実施店舗:「宮崎県日南市 塚田農場」「鹿児島県霧島市 塚田農場」「宮崎県日向市 塚田農場」 124店舗

忘年会早割について
■予約期間:11月1日~11月30日
■特典期間:12月1日~12月16日
■早割特典:
<4名様以上でコースをご予約>
・プレミアム飲み放題 通常プラス500円を無料で
・30分延長 通常プラス500円を無料で
・ボトル(ワイン/焼酎/日本酒)を1本プレゼント
・ミニ鏡開きをプレゼント

塚田農場 宴会早割特典 ミニ鏡開きプレゼント

<2名様以上でお席をご予約>
・獺祭スパークリング
・えのき月見ステーキ
*店舗にて「早割特典」チケットをお配りしております。

塚田農場 宴会早割特典 獺祭スパークリングプレゼントイメージ

サイト情報

Facebook :https://www.facebook.com/tsukada.ap/
Instagram :https://www.instagram.com/tsukada_nojo/
Twitter  :https://twitter.com/tsukada_nojo_

裏・忘年会イメージイラスト

イラストレーター 千野エー さん
http://chinoa.net/
当社からの情報をもとに、千野さんがイメージした正・裏・忘年会をイラストに描き起こしていただきました。